コピーライティング

生(ナマ)〇〇

フレッシュという意味と、そのまま、ありのままという意味で、使い分けられます。

生配信→最近は、LIVE配信に変わってますが。

生(食料品名等)だけでなく、生という響きだけで使えるフレーズです。

リストアプローチへの適性回数前のページ

マーケティング情報メディア/SNS次のページ

関連記事

  1. コピーライティング

    これからの〇〇〇

    〇〇〇には、いろんな言葉を入れることが出来ますよね。新・NE…

  2. コピーライティング

    間違いだらけの■■■選び

    ■■■には、商品名やサービス名。ボクらの世代は、クルマ選びと…

  3. コピーライティング

    アルファベットのイメージ。

    ネーミング、コピーでも使われている。Aは、ACEというように…

  4. コピーライティング

    彼(彼女)が、〇〇の理由

    彼(彼女)が、〇〇の理由。〇〇には、顧客の願望、悩みや不安と…

  5. コピーライティング

    キャッチコピーと数字

    100%、信頼できて、安心する内容で。99.9%、信じられる…

  6. コピーライティング

    ○○が変わる

    ○○が変わる、というフレーズもよく使われます。商品・サービス…

最近の記事

アーカイブ

  1. Video

    逆算式マーケティング公式
  2. ビジネス

    中小企業の経営資源活用:ヒト編
  3. ビジネス

    ビジネスタイミング
  4. ビジネス

    中小企業・小規模事業の成長市場
  5. マーケティング

    【2022トレンド情報】コスパ&タイパ
PAGE TOP