ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

  1. 24.マネジメントの正統性とパラダイムシフト

    「個人の強みは社会のためになる」これこそが、マネジメントの正統性の根拠としている。個人は、組織のために。組織は、社会のために。マネジメントは、ノウハウ…

  2. 23.成長は、自動的には起こらない

    不連続であり、ある段階で自らを変えなければならない。そして、成長には戦略が必要である。準備が必要である。なりたいと思うことに焦点を合わせた行動が必要である。し…

  3. 22.多角化は、万能ではない。

    成功する条件は、市場、技術、価値観の一致である。事業拡大の方法であり、マネジメントの問題として直面する多角化について、論じている。多角化に至る…

  4. 21.マネジメント戦略は、財務やマーケティングに関わる戦略よりもはるかに重要である。

    ほとんどの書籍が、大企業・中堅企業のマネジメントが語られているが、ここでは小企業のマネジメントにも触れている。小企業のマネジメントは、大企業の部署であ…

  5. 20.トップマネジメントの役割は多元的である。

    事業を考え、組織規範を定め、組織づくりと維持を行い、渉外を行い、儀礼的なこともこなす。最終的には、法的責任を負うという最も重要な役割。企業の大…

  6. 19.組織構造こそ、成果をあげるための前提である。

    組織構造は、目的達成のための手段であり、組織の健康を判定する基準は、成果である。と、組織構造についても成果のためと結論づけている。職能型、分権…

  7. 18.経営科学は、大きな貢献を果たしうる道具である。

    経営科学は、大きな貢献を果たしうる道具である。計算と分析の道具だが、目的は、診断を助けることにある。万能薬でも処方箋でもなく、問題に対する洞察として機能しなけ…

  8. 17.真の管理とは

    真の管理とは人はいかに賞され罰せられるかによって左右される。マネジメント技能の管理手法について、その根源は賞罰であると説明している。賞罰こそ、…

  9. 16.コミュニケーションが成立するには、経験の共有が不可欠である。

    この項目では、マネジメントの技能として、コミュニケーションについて語られている。コミュニケーションの4つの基本として1.知覚である2.期待である3.要…

  10. 15.マネジメントの技能【意思決定】

    マネージャーは、それらの技能が何であり、いかに役立ち、何を要求するかを理解しなければならない。欧米と日本の違いについて、以下の通り説明されている。…

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    中小企業マネジメント戦略の基本
  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    イノベーション
  3. 経済は感情で動く

    あなたは、大事なことを決めるときに、サイコロを振るか
  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    コンサルタント
  5. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    22.多角化は、万能ではない。
PAGE TOP