思考の整理学

  1. 07.想念を思考化していく作業が、「考える」こと

    最後の章では、思考を整理する上でのパターンが紹介されている。現実は2つある物理的現実と知的現実既知と未知更に、挑戦として考えることがある拡散と収斂思考…

  2. 06.思考の整理、しゃべること・話すことも有効

    思考の整理について、しゃべること・話すことも有効である。注意事項として、インブリーディング(同系繁殖、近親交配等)という用語を用いて、知的分野においても専門家…

  3. 05.思考の整理とは、いかにうまく忘れるか

    思考の整理とは、いかにうまく忘れるか、である。このことが、ビジネスにおけるコピーライティングにつながっている。頭をよく働かせるには、【忘れる】ことが、きわめて…

  4. 04.情報の”メタ”化(高次化)で、思考が整理

    情報の”メタ”化(高次化)で、思考が整理される。第一次情報から第二次情報、そして第三次情報へと高次に抽象化させることが、思考や知識を整理する過程がある…

  5. 03.思考法の方法、条件、型について

    思考法の方法、条件、型について論じられている章。ビジネスにおいて、着想やアイデアを生むということやその内容を具現化するために考える道筋について教えてく…

  6. 02.「グライダー」

    本書の冒頭は、衝撃的に始まる。タイトルは、「グライダー」。学ぶということ、学んだ結果として、自分で飛べないグライダーとして辛辣な表現を用いてい…

  7. 思考の整理学 1

    東大・京大で、この10年間で1番読まれた本という帯があまりにも有名な、【思考の整理学】刊行36年、126刷・約270万部のベストセラーを中小企業・小規…

最近の記事

アーカイブ

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    実践・コントロール
  2. コピーライティング

    彼(彼女)が、〇〇の理由
  3. 私はどうして販売外交に成功したか

    私はどうして販売外交に成功したか その3
  4. マーケティング

    Web広告、HP,SNSの【オーディエンス】活用法
  5. ビジネス

    イメージ戦略 to ブランディング戦略
PAGE TOP