Facebook一般

何を売れば、売れるのか

何を売れば、売れるのか・・・ビジネスにおける永遠のテーマ。

新商品・新サービスをつくるのは、もちろん容易ではない。

当たるも当たらないも、わからない。

商品・サービスの価値を構成するもの。

  1. 価格
  2. 品質
  3. 認知度
  4. 人気度
  5. 話題度
  6. 希少度

そして、商品属性により、求められるものが異なる。

  1. 低価格
  2. 新規性
  3. 機能性:効果(効能)
  4. 利便性:時短(効率)
  5. 汎用性:別機能
  6. 独自性:ブランド(自己主張)・個性

上記項目から、自社商品・サービスを検討してみる。
競合他社商品・サービスと比較してみる。

更に、商品・サービスにおける重要な構成要因。

  1. 市場性
  2. 利益率
  3. 供給力(資金力含)

これらを勘案して、新たな商品・サービスは企画開発されている。

技術革新を基盤とした製品・商品もあれば、既存市場から一部改良したものまで、様々。

これまでの間に、様々な商品が企画開発されては消えていく。

顧客満足という言葉に踊り、顧客の意見や要望から満を持して送り出しても、売れないものは売れない。

どのように考えて、どうすればいいか。

明確な回答は、正直持ち合わせてはいない。

これまでに多くの方法論が語られているが、正解はないように思われる。

顧客を理解する、顧客目線で考える、顧客起点として。
王道であるものの、現在の顧客は多様化している。
そして、世の中は常に動いている。

社会情勢、環境によって、顧客意識や行動も変わる。
流行や傾向も、早いサイクルで変化する。
顧客に必要とされるもの(ニーズ)か、欲される(ウォンツ)か。

ニーズは、生活基盤や基本的活動から。
ウォンツは、生活改善やイノベーションに。
この二元論も、構成要因となる。

つまり、何を売るかと考える時には、冷静沈着に商品・サービスの構成要因について、一つひとつを丁寧に確認しチェックし、構築していく必要がある。

各構成要因に影響を及ぼす、時代の流れや顧客行動はもとより、話題や人気の要因や実際に売れているモノの共通項を見出すことは、言うまでもない。

ビジネスアイデア・ヒントを【WHAT】から考える時、常日頃の情報収集と整理が、大きく役立つ。

WHATのアイデアとヒントは、足元に存在している。

〇〇タイプ、〇〇スタイル、〇〇モデル前のページ

中小企業・小規模事業の成長市場次のページ

関連記事

  1. Facebook一般

    経営で、1番にやってはいけないことはどれ?

    突然ですが、クイズです。経営者・事業主の方へQ:経営で、1番…

  2. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/Internet・website

    現在のマーケティングメディアの中心、Website。誰しも、…

  3. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/SNS

    SNSは、そもそも媒体ではなかったはずだが、使われるうちに、しっかり…

  4. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/TV・RADIO

    TVは、オワコンか。ラジオも、オワコンなのか。このような議論…

  5. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/新聞・NEWSPAPER

    情報収集方法について聞かれることが多いことから、マーケティング情報メ…

  6. Facebook一般

    ビジネスアイデアやヒントは、何のために考えるか。

    要は、ビジネスを成長させるため。売上と利益を上げるために他ならない。…

最近の記事

アーカイブ

  1. Video

    キャッチコピー ワンポイントヒント ○○だけ
  2. 影響力の武器

    禁断のローボール・テクニック
  3. ビジネス

    イメージ戦略 to ブランディング戦略
  4. ビジネス

    残業より、副業。
  5. ビジネス

    顧客トレンド予想2021
PAGE TOP