思考の整理学

07.想念を思考化していく作業が、「考える」こと

最後の章では、思考を整理する上でのパターンが紹介されている。

  • 現実は2つある
    物理的現実と知的現実
  • 既知と未知
    更に、挑戦として考えることがある
  • 拡散と収斂
    思考は拡がる傾向とまとまりに整理する要は、現実を踏まえて、考えることに挑戦し、拡げるだけでなく、まとめなさい。

と、いうこと。

注意すべき点として、テレビの台頭を例にして(初版1986年当時という状況)、強力な映像による次元が出現して、思考に大きな影響を与えていると警鐘を鳴らし、最終項では、コンピューターを例示し業務に影響を及ぼすことを危惧している。

文中には、コンピューターがあらわれて、これからの人間はどう変化して行くであろうか。

それを洞察するのは人間でなくてはならない。

これこそまさに創造的思考である。として、振り回されることにないようにと促している。

ビジネスは、思考・アイデアの結集だ。

思いつきが、具体化し新しいビジネスを生む

思いつきという言葉で表現されるアイデアは、多くのインプット、度重なる経験、これまでの実績、そして、今後の予想や予測を踏まえて、創造されている。

本書で学ぶべきは、考え続けることが前進し発展するということであると思われる。

どのような業種・業態であれ、立場や職種であれ、ビジネスは現場が重なり合い、繋がりあっている。

より効率的に、より生産的に。

このことが、ビジネス運営の根幹とも言える。

思考を整理することは、ビジネスが整理できることであり、新しい何かを創造する入口である。

グライダーではなく、自分で飛べる自立して考える。

アイデアを生む際には、条件や環境も必要。

そして、情報を高次化し、純化させて昇華していく。

書く、しゃべる・話すというプロセスを経ることで、具体化が進んでいく。

思考・アイデアが萌芽する条件や方法、育成方法、そして整理して、具現化する。

現実には、思考やアイデアに迷うことは多い。

焦燥感にかられることもあれば、苛立ちも覚える。

しかし、本書は全てを包み込んだ上で、思考を整理する道を示している。

今後、思考の道に迷うことは必ずある。

その時に、戻れる貴重な一冊と出会えたことに感謝。

思考し続ける限り、ビジネスは続くと再認識。

思考を止めてはならない。

これからの〇〇〇前のページ

中小企業・小規模事業のホームページの確認と分析、検証方法の基本次のページ

関連記事

  1. 思考の整理学

    03.思考法の方法、条件、型について

    思考法の方法、条件、型について論じられている章。ビジネスにお…

  2. 思考の整理学

    05.思考の整理とは、いかにうまく忘れるか

    思考の整理とは、いかにうまく忘れるか、である。このことが、ビジネスに…

  3. 思考の整理学

    04.情報の”メタ”化(高次化)で、思考が整理

    情報の”メタ”化(高次化)で、思考が整理される。第一次情報か…

  4. 思考の整理学

    06.思考の整理、しゃべること・話すことも有効

    思考の整理について、しゃべること・話すことも有効である。注意事項とし…

  5. 思考の整理学

    思考の整理学 1

    東大・京大で、この10年間で1番読まれた本という帯があまりにも有名な…

  6. 思考の整理学

    02.「グライダー」

    本書の冒頭は、衝撃的に始まる。タイトルは、「グライダー」。学…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    彼(彼女)が、〇〇の理由
  2. Video

    集客マーケティング バンドワゴン効果
  3. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/Internet・website
  4. Video

    2022年からのマーケティングキーワード
  5. コピーライティング

    【無〇〇】、【〇〇、ゼロ】
PAGE TOP