影響力の武器

譲歩

影響力の武器

【譲歩】

返報性のルールをバージョンアップさせる方法。

自分に対して譲歩してくれた相手には、同じく譲歩する義務を感じてしまう。

現実的な大きめの要求から、拒否されての譲歩した要求は、承諾されるという行為。

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック(拒否したら譲歩)と呼ばれ、あらゆる局面で効果を発揮するとある。

但し、要求が法外な場合や誠実に行われていない場合には、譲歩は引き出せない。(当たり前だが)この譲歩については、前回の返報性のルールで説明された「知覚のコントラスト」の影響が大とされ、方法論としては同じである。

大きな要望から見せて、引き算した要望を通す。

騙されたとならない理由は・・・譲歩した本人が「譲歩させた」と、自らが場を支配したと思うことで負の感情が起きないと、書かれている。

更に、譲歩した取り決めに、大きな責任を感じることや満足感を得ることで、次回も承諾してしまう。

このような内容と実験結果では、人は操られるがままと感じてしまうものの、防衛法が紹介されている。

相手の好意や恩、譲歩した結果を、販売の手練手管と再定義することで、返報性も譲歩も受け入れないとある。

現代のビジネスにおいては、返報性と譲歩が繰り返される。

  • 今回は、無料でお届けします。
    但し、〇月〇日の〇〇時までとさせていただきます。
  • 本来であれば、●●のところ、今回は、〇〇。

今は、消費者も慣れている。
これらがビジネスの常套句だというのは常識。

ところが、返報性のルールが影響力を絶大に発揮する場合がある。

【消費者の問題を解決する、悩みや不安を取り除くという場合】

既に欲求が喚起され、行動を起こす準備が整えられている状態では返報性のルールに抗うことが出来ない。

販売の手練手管だと、理解していても行動してしまう。

好意や恩の理由が、いかなる理由であれ、説明がされていれば承諾してしまうという不思議。

日常でこれだけ見聞きしていても、どうにもならないというのは、この返報性のルールの影響力が証明されている。

但し、問題解決、悩みや不安の払拭は、ターゲットが明確でなければ、該当する対象顧客に響かないし、届かない。

つまり、返報性のルールの恩恵を受けるには、ターゲティングが、重要な役割を果たすと言える。

1メッセージ、1アクションは、ダイレクトマーケティングで言われる広告のルール。

返報性のルールを勘案した場合には、

  1. ターゲット
  2. メッセージ(コピー:問題解決、悩みや不安を払拭)
  3. オファー(特典)又は1プレゼン(譲歩)
  4. リーズン(理由・説明)
  5. アクション

という5つの因子が整えられる必要があると考えられる。

悪用厳禁。

〇〇詐欺は、電話をかけてくる。

(あなたの身内の〇〇に、大変なことが起こりました、(あなたにとって、とても重要なお得なことです)

この逃げようのない電話1本で、恩を押しつける。

その後、通話の内容次第で、要求し譲歩し承諾を得る。アクションさせるのに、造作もない。

ビジネスは、人に不幸をもたらさない。

モノやコトの先は、顧客の喜びや安心が必須条件。

この法則とテクニックは、利益だけのためではなく、ビジネスで巡り合う顧客のために使われるべきである。

次回からは、自分で自分に呪縛をかける【一貫性】、そして、一貫性から派生する承諾誘導への【コミットメント】。

ビジネスにおけるアイデンティティやブランディング、マーケティング・セールスの鎧の役割をお伝えする。

事業オンライン化前のページ

事業再構築補助金ビジネスプラン次のページ

関連記事

  1. 影響力の武器

    影響力の武器

    影響力の武器なぜ、人は動かされるのかロバート・B・チャルディーニ…

  2. 影響力の武器

    一貫性

    影響力の武器【一貫性】ほとんど強迫的とも言える欲求としている…

  3. 影響力の武器

    好意とは、優しい泥棒

    影響力の武器好意とは、優しい泥棒。何を泥棒されるのか・・・あ…

  4. 影響力の武器

    社会的証明

    影響力の武器社会的証明私たちは、他人が何を正しいと考えている…

  5. 影響力の武器

    自動的な影響力の武器、3つの要素

    影響力の武器自動的な影響力の武器、3つの要素。一つめは、前回…

  6. 影響力の武器

    お世辞を変換・・・称賛

    影響力の武器称賛が好意に影響する過程を発見しているお世辞は、…

最近の記事

アーカイブ

  1. アイデアのつくり方

    03.アイデアを作る実際的な方法、手順について
  2. ビジネス

    中小企業マネジメント戦略の基本
  3. マーケティング

    フルファネル的アプローチ
  4. Video

    営業・販売不振対策、Check/Action編
  5. コピーライティング

    〇〇の■■、〇〇産の食品、〇〇さんの■■とか。
PAGE TOP