コトラーのマーケティング・コンセプト

顧客

コトラーのマーケティング・コンセプト

われわれは現在、顧客が主導権を握る顧客経済の時代に生きている。新しいボスは、顧客である。

と、いかに顧客中心にマーケティングを行うべきか説いている。

本書の中で、顧客について最も多く項目を設けていることが、(5項目)どれだけ重要であるかを物語っている。

ピータードラッカーの有名な言葉までを紹介。

「企業の目的は、顧客を創造することである」

「基本機能は、マーケティングとイノベーション」

顧客を創造するために、売り続けて、変わり続ける。

こうしないと、事業が継続できないと言っている。

ここで気づかなければならないのは、売上をつくるのではなく、顧客を創造するということ。

結果は、売上であり利益であることに違いないが、観点が全く違う。

本書内の顧客5項目を紹介すると

  1. 顧客ニーズ:市場は創造すべき
  2. 顧客志向:製品主導から顧客主導へ
  3. CRM:顧客から情報を得よ(カスマターリレーションシップマネジメント)
  4. 顧客:企業の成功は、顧客の成功にかかっている
  5. 顧客満足:顧客満足よりも、顧客を喜ばせよう

顧客を創造するには、どうしたらいいか。

  1. これまでと違う、新たな顧客を創造するか、(これまでと同じ商品・サービスで又は、新しい商品・サービスで)
  2. 今までの顧客から、新たな収益を得ることで新しい価値観の顧客を創造するか(新しい商品やサービスなどで)

自分的に超要約してしまえば、「同じことをやり続けず、常に新しいことに取り組むこと」が、顧客を創造することにつながることだと考える。

現在、顧客のパワーはますます強大だ。

SNSの影響力を考えた場合、吉と出るか凶と出るかによって結果は、天と地ほどの差が生じてしまう。

1人の顧客も、ないがしろにしてはならない恐怖。

1人の顧客を起点として、つながる世界。

どのような対策を講じるべきか。

顧客を選ぶのではなく、いい顧客から選ばれるようになることだと思う。

自社にとっての「いい顧客」を定義し、その「いい顧客」を創造するためには、何を決め、何を行い、どのように進めていくか。

これまでの、「売る」というマーケテイングから、「選ばれる」というマーケティングの時代。

顧客から支持され、期待され続けるのは、既にその顧客たちからは、立派な「ブランド」だ。

「中小企業のブランディング」が必要な時代とも言える。

顧客を向いていない企業は、1社もいないはず。

ところが、結果的には顧客を向いていない企業は多い。

その違いは・・・顧客を知る深度の違いかもしれない。

現在は、広く浅く顧客を知るよりも、深く狭くの時代。

先ずは、「いい顧客」と新たに知り合うことから始めてみてはどうだろう。

いい顧客は、あなたの今の顧客の中にいるはずだから。

コンサルタント前のページ

デザイン次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    コミュニケーションとプロモーション

    コトラーのマーケティング・コンセプトコミュニケーションとプロモーショ…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    B2Cマーケッターは、B2Bから多くを学べる

    コトラーのマーケティング・コンセプト B2Cマーケッターは、B2Bか…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競合他社

    コトラーのマーケティング・コンセプト どんな企業にも競合他社が存在す…

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    誰でも、ブランドになれる時代

    コトラーのマーケティング・コンセプト 誰でも、ブランドになれる時代 …

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    企業は、優れた企業価値を提供し続ける限り、存続を許される。

    コトラーのマーケティング・コンセプト企業は、優れた企業価値を提供し続…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    ダイレクトメール

    コトラーのマーケティング・コンセプト最低のダイレクトメール活用法は、…

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    アフターコロナ、中小企業の経営戦略
  2. Facebook一般

    ビジネスアイデアやヒントは、何のために考えるか。
  3. マーケティング

    公式サイトの最重要ページ活用による ブランディング
  4. コピーライティング

    〇〇が認めた・選んだ・使った・・・。
  5. マーケティング

    売れる商品の見つけ方
PAGE TOP