コトラーのマーケティング・コンセプト

フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト

最高の広告は、たんに独創的であるだけでなく、売上に結びつくものである。

更に、広告は、事実を伝えることではなく、ソリューションや夢を売ることだ。と、伝えてくれている。

このことを伝える例として、レブロン創業者 チャールズ・レブソンの言葉が紹介されている。

われわれは、工場で口紅をつくり、広告で夢を売っている。    

この本が書かれた当時(2003年)は、国内の中小企業にとって広告は敷居が高かった。

地域密着型では、チラシ、ポスティングやミニコミ誌広告が主体。新聞広告は、高額過ぎた。

全国区の通販会社も、チラシが主流。

TVCMをやっているところも多くなかった。

ところが、今は【ネット広告】が主流。

中小企業にも、広告が身近になった。

広告は、マーケティングにおいては非常に重要なツールであり武器。このことは、中小企業も同じ。

周知の通り、ネット広告でビジネス拡大した中小企業も非常に多い。

しかも、今からでも遅くない。

なぜなら、媒体は進化し、広告配信の機能も内容もアップデートされているから。

だからこそ、広告の基本的な部分を再認識することで、まだまだチャンスがある。

この本で【広告】を最初の項目にし、「広告には、愛憎こもごもの感情を抱いている」

と、広告について手厳しい意見でまとめている。

自分なりに解釈すると、「考えて広告やりなさい、優れた広告をつくりなさい」と言っている。

「広告の目的は、情報提供、説得、リマインド、購買意志決定の強化のいづれかである。」

と書かれていて、目的を見失うなと言っている。

基本形は、1つの広告で1つの目的。

媒体やターゲット(対象顧客)によって、各広告には機能や役割があることから、いくつもの種類があって当然。

マーケティング戦略がなければ、広告は効果的に機能しないと言える。

例えば、中小企業向きであるダイレクトマーケティング広告は、今でも効果的だが、その手法ばかりではなく、媒体やターゲット(対象顧客)に合わせた広告も必要だと解釈できる。

今のネット広告こそ多くの媒体や種類があることから、目的と媒体特性がマッチしなければ、反応は得られない。

このことに関することとして、5つのMと言っている。

目的(MISSION)、メッセージ(MESSAGE)、媒体(MEDIA)、予算(MONEY)、評価(MEASUREMENT)について意思決定の必要があると。

そして、この本で、「マス広告の影響度や有用性は、今後低下していくのだろうか」と、未来を予測したことが書かれている。

この本が書かれた2003年当時は、グーグルがアドワーズ広告を提供して3年、まだSNSはない。(フェイスブックのスタートが、2004年)

高名でありながら、実務と現場重視で、売上に結びつく広告を推していたことが、さすがだと思う。

当時のアメリカ企業の例を出しながら、こうも言っている。

「いかに見事な広告といえどもリニューアルは必要だ」

時代遅れになるからだとし、広告を陳腐化させてはならないと警告している。

この項目の最後では、アメリカの有名コンサルタントの言葉を紹介し、企業が顧客の声を聞く重要性を伝えている。

今の時代で言う、レビューやSNSに当てはまる。

一方通行型の広告は衰退しているのを目の当たりにしている・・・と。

広告は、時代の環境や道具、消費者の行動で大きく変わっていく。

しかし、変わらないことは、【広告でソリューションと夢を売り、売上に結びつける。】

きっと17年を経過した今でも、コトラー先生はこう言うと思う。

フィリップコトラーのマーケティング・コンセプト前のページ

誰でも、ブランドになれる時代次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    絶えないチャレンジが、将来を創り出す。

    コトラーのマーケティング・コンセプトエジソン曰く、「蓄音機には価値が…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    すべては変化する この世で唯一変化しないのは

    コトラーのマーケティング・コンセプト すべては変化する_ この世で唯…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    誰でも、ブランドになれる時代

    コトラーのマーケティング・コンセプト 誰でも、ブランドになれる時代 …

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップコトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト 80項目のヒントが…

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    イメージと感情のマーケティング

    コトラーのマーケティング・コンセプト消費者の頭よりも、心に訴えるイメ…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    B2Cマーケッターは、B2Bから多くを学べる

    コトラーのマーケティング・コンセプト B2Cマーケッターは、B2Bか…

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    B2Cマーケ的キャッシュレス対応ヒント
  2. コピーライティング

    〇〇の法則 ○○の条件 〇〇のルール
  3. マーケティング

    広告をヒットさせる条件
  4. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    1.マネジメント P.F.ドラッカー
  5. マーケティング

    イマドキのマーケティングリサーチとは
PAGE TOP