ビジネス

ROI戦略

聞いたことがあると思います、【Return On Investment】。

いくら出して、どれだけ儲かったか。

という、ビジネスでは当たり前のことです。

もっと、わかりやすく言うと【費用対効果】になります。

経営では、よく使われていて【ROAS】Return On Advertising Spendという広告によって、どれだけ売上が伸びたかと区分されて見られたりします。

どちらが大事か・・・ROIです。

儲かったかどうかが、ビジネスですから。

問題は、投資と表現されている部分です。

投資と日本語で表現すると、カタチのある機械や設備、固定資産を想像しがちです。

しかし、この指標で見るべきは、経費も同じです。

ビジネス全体で言えば、いくらの総経費で、いくら儲かったか。

経営分析や指標に、ROIはありそうなのですが、ありません。

収益性・生産性・安全性の3つの大きな項目で、経営を判断することが多いのですが、

総資本や自己資本という単位が使われていて、累積的に経営が判断されていて、短期的(年間)な判断指標は、ROIになります。

わかりやすい例をつくります。

総経費1億円、税引き後当期利益1000万円。

ROIは、10%。

いいか悪いかということではなく、私が着目したいのは、総経費の明細と売上・利益の関係です。

つまり、ROIを細分化して把握するということ。

広告を例に出すと、キーワード広告は、直接的に検索されてコンバージョンするので結果としては、わかりやすくなります。

しかし、ディスプレイ広告になると、直接的なものもあれば、コンバージョンをアシストする部分もあれば、潜在層への認知的役割もあるので、曖昧な部分があります。

仮に、TVCMやラジオCMなどを出稿していれば、直接的効果はほぼ見えません。(今は、見えるとされているCMもありますが)

又、規模拡大(出店や人員増)により、売上・利益が増えた場合には、それらの効率がどうだったのか、ということについて、個別にROIで判断していくということが必要になります。

これからの時代、投資(経費)は社内から社外(業務委託)も、多くなります。

このROIを戦略的に考えることで、自社のビジネス構造を再構築することが出来ます。

社内でやった方がいいこと、社外に委託することが望ましいことを区分することで、ビジネスのスピードや効率が、圧倒的に変わります。

弊社のクライアント様で、社長とスタッフ1名の会社があります。

ほとんどを業務委託しており、受注業務と対応業務のみを2名で行っています。

一時期には、スタッフ5名の時期がありましたが、退職や独立などが重なったことでビジネス構造を再構築した結果、このようなカタチになりました。

どこにいくら払うから、いくら残る。

シンプルな状態で、ROIを把握しています。

つまり、どこにいくら払うことで、いくら儲かる。

と、わかっていれば、投資(経費)が惜しくなく、ビジネスは加速します。

今後、時代はますます大きく動きますし、速くなるばかりです。

ROI戦略、意識していただくことで、ビジネスをスピード化・効率化していただきたいと思います。

FAQ活用によるサブキーワードSEO対策前のページ

ゲーム理論、判断するのは感情か理性か次のページ

関連記事

  1. ビジネス

    中小企業の新商品開発法

    中小企業こそ、新商品や新サービスの開発が必須である。同じ商品…

  2. ビジネス

    中小企業の動画活用法

    動画媒体が、急成長をしています。YouTube、Tiktok…

  3. ビジネス

    財務改善ステップ

    コロナ禍の状態が続いており、厳しい経営状態の中小企業が増えています。…

  4. ビジネス

    中小企業の経営計画

    大企業の経営計画と中小企業の経営計画の大きな違いは、リアルさにありま…

  5. ビジネス

    中小企業の経営安定戦略

    何があれば、経営が安定するか・・・言わずもがな資金です。さて…

  6. ビジネス

    中小企業・小規模事業、ロゴの目的

    ずい分昔になりますが、CIという言葉が流行った時代があります。…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    ノーリスク、ノーカット、ノールール、 ノーチャージ、ノータッチ・・・
  2. ビジネス

    サブスクリプション
  3. マーケティング

    中小企業、小規模事業こそLINEマーケティング戦略
  4. 思考の整理学

    03.思考法の方法、条件、型について
  5. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    16.コミュニケーションが成立するには、経験の共有が不可欠である。
PAGE TOP