マーケティング

FAQ活用によるサブキーワードSEO対策

FAQ、よくあるご質問のページ。
ほとんどのホームページにありますよね。

オススメしたいのが、メインキーワードではないサブキーワードの対策。

お客様からの質問なのですから、悩みや不安がQuestionです。

そこで、一工夫していただきたいのが、その悩みや不安について検索してみてほしいのです。

ご自分でも心当たりがあると思います。

口語体で検索してみた結果は、ブログやよくあるご質問の回答という表示。

これは、使わない手はありません。

ということは、FAQのページは、追加・更新できるようにしておくことで、コンテンツはどんどん増えていきます。

そして、工夫することで、メインキーワードで上位が獲得できなくても、サブキーワードや関連キーワードでの上位が獲得できれば、優位になることは間違いありません。

ただし、その後のアナリティクスの解析などは必須です。

今でも、SEOはテキストが主流ですが、SEOコンテンツを作成するとなると強化するキーワードが指定されているので、大変です。(コア・ウェブ・バイタルは、それはそれで)

楽にコンテンツを増やす方法としても、FAQのコンテンツを増やすことは結果的に、お客様の悩みや不安を解消していることですから、役立つコンテンツになります。

よく、お客様の不安や悩みにお答えするのに、YES OR NOのような殺伐とした回答で、コンテンツが作成されているところがありますが、もったいないと思います。

細かい部分なのですが、FAQのページが充実することで、お客様対応が楽になり、効率化につながりますし、SNSでの引用にも使えることから、非常に便利です。

ほったらかしのHP(ブログも、何も更新されていない)に見えてしまうことで、ブランドイメージも損なわれますし、はじめてのユーザーから好意を持たれる可能性が低くなってしまいます。

SEO,ブランドイメージ、好意・信頼獲得につながる、FAQ。

是非、活用していただきたいと思います。

投資の心理学にも、感情が左右する前のページ

ROI戦略次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    紹介依頼ツールの必要性

    B2BでもB2Cでも、【紹介】という方法は、有効です。しかし…

  2. マーケティング

    中小企業が使うべきオンラインツール

    大げさなタイトルにしましたが、本当にそう思っています。【オン…

  3. マーケティング

    ツイッターの逆襲

    ついに、ツイッターが第二創業とも言える動きを始めました。他の…

  4. マーケティング

    ブームとトレンド、乗り方と使い方

    Clubhouse、ブームになっていて、賛否両論。いいとか悪…

  5. マーケティング

    情報発信の回数とタイミング

    ブログ、SNSなど情報発信されていると思います。朝昼晩とLI…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    ここだけの話。
  2. 思考の整理学

    思考の整理学 1
  3. 私はどうして販売外交に成功したか

    私はどうして販売外交に成功したか その2
  4. ホイラーの法則

    ホイラーの3原則 その2 XYZ公式
  5. Video

    キャッチコピー ヒント 〇〇なら××
PAGE TOP