Facebook一般

ビジネスアイデア クリエイティブヒント

ビジネスアイデアを生み出すヒントについて、どういう手段や方法があるのか。

マーケティングコンサルタントとして、様々な業務を行い、多くの業種のサポートをした経験(成功も失敗も)やこれまでの知識や知見を踏まえての挑戦。

先ず、最初の方法として取り上げるのは、【真似ること】

経営者・事業主であれば、誰でも成功例は気になる。

異業種の話にも、耳を傾ける。

自身も仕事柄、成功例を探し続けている。

なぜ、成功例なのか。

同じことや内容を真似ることで、上手くいく可能性があるかもしれないという期待感。

これまで、真似て上手くいったビジネスが数多くあるという事実。

だから、真似るための成功例。

真似の英単語、イミテーション。

真似ただけでは、偽物だと言われている気がする。

ビジネスにおいて、真似ることは重要。

むしろ、真似るからこそ進化し成長する。

しかし、落とし穴がある。

単純に真似てしまうこと。

短絡的に真似てしまうこと。

ビジネスは、同業者であっても一つとして同じではない。

環境、状況、経営者の方針。

フランチャイズシステムのような汎用性・再現性の高いビジネスモデルであっても、地域性や市場環境次第で成果を上げられないことが、物語っている。

つまり、真似ることは重要だが方法次第。

成功例を、理解する必要がある。

なぜ成功したのか。

何が成功の鍵だったのか。

どのような環境や背景、状況だったのか。

外的要因・内的要因を、構造的に把握出来ればいいのだが、推測の域を出ない部分は否めない。

故に、類推し推定しなければならない。

そして、自社で検証しながら真似る。

自社の経営資源、対象顧客層、商品やサービス品質、ありとあらゆる項目を認識する必要もある。

その際に必須なのが、ベンチマーク。

指標や基準をつくること。

ベンチマークという言葉は、競合先をチェックするという意味でも使われるものの、本来は指標にするということ。

業界レベル、市場レベル、商圏レベル・・・。自社のレベルの指標や基準を決める。

ポジションも同じ(業界・市場・商圏)であり、顧客から見て、どのようなポジションを目指すのかという目標も決める。

そうすることで、自社の現状認識と目標が見えてくる。

真似ようとしただけで、ビジネスヒントが生まれ萌芽する。

準備して真似ることで、ビジネスは化学変化を起こす。

既に、クリエイティブが生まれ、イノベーションがスタートする。

真似ることは、ビジネスを爆発させる可能性を秘めている。

成功例のインプットと自社でのシミュレーションを、RPGゲームの如くクリアしていくことが、ビジネストレーニングとなる。

成功例の分解と組立が、ビジネスアイデアをつくる。

〇〇するだけ前のページ

中小企業・小規模事業のSNS活用法次のページ

関連記事

  1. Facebook一般

    経営で、1番にやってはいけないことはどれ?

    突然ですが、クイズです。経営者・事業主の方へQ:経営で、1番…

  2. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/TV・RADIO

    TVは、オワコンか。ラジオも、オワコンなのか。このような議論…

  3. Facebook一般

    何を売れば、売れるのか

    何を売れば、売れるのか・・・ビジネスにおける永遠のテーマ。新…

  4. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/Internet・website

    現在のマーケティングメディアの中心、Website。誰しも、…

  5. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/雑誌・MAGAZINE

    マーケティング情報メディアである雑誌。廃刊、休刊が続く中で、…

  6. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/新聞・NEWSPAPER

    情報収集方法について聞かれることが多いことから、マーケティング情報メ…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    刺さる〇〇〇
  2. ホイラーの法則

    ホイラーの公式 第5条
  3. 私はどうして販売外交に成功したか

    私はどうして販売外交に成功したか その4
  4. 影響力の武器

    影響力の武器 カチッ・サー
  5. コピーライティング

    ○○が変わる
PAGE TOP