経済は感情で動く

3つあると、真ん中を選ぶ

経済は感情で動く

3つあると、真ん中を選ぶ。

本書で、特に有名になった松竹梅の法則又はゴルディロックス効果と呼ばれるもの。

極端の回避性としても説明される。

いくつかの例が紹介されているが、要は、条件設定されている中から選ぶという行為。

価格差、品質差、価値差は、個人差があるはずだが選ぶという行為では、真ん中を選んでしまう確率が高いというもの。

ビジネスでは、日常的に使用されている。

ランチを選ぶのも、Webサービスのコースを選ぶのも変わりなく、3種類が用意されていることがほとんど。

価格戦略やプロモーションに通じる方法とも言える。

売りたい商品・サービスを中心価格に据えて、上下の価格を設定。

よくあるパターンは、

  • 40~60%差
  • 30 50 70
  • ×1.6,×1.4

偶数では、どうだろうか。

上記と同比率で羅列してみる。

20 32 51

キリが悪く、わかりにくい。

20 40 60

と、偶数の倍数が、価格差であれば対応するだけの品質差がなければ・・・と考えてしまう。

このように考えると、3つを並べる場合には価格差、品質差、価値差のバランスも考慮すべきだと考えられる。

選ぶという行為を説明する上で、本書では【正当な理由が必要】と説いている。

例として、旅行チケットの購入に関して

  • 試験に合格したら買う
  • 不合格でも買う

という例が紹介され、いづれも買うという選択。

ところが、合否がわからない状態であれば買うかどうかを決められないという不安定な状態に陥ることが挙げられている。

そこで、正当な理由として、合格であれば、ご褒美。

不合格であれば、労い。

という理由がつくという。

つまり、選択する場合には、理由が必要。

3つから選択する場合でも理由を述べられる要因を用意しておくべきだということ。

さらに、顧客が選択する上で、不安定な状態ではセールスしてはならないということ。

現代においては、ECサイトで購入する際に、他社との比較検討が当たり前であり、選択肢が自社内にとどまらない。

他社比較を含めた3つの選択肢で、真ん中に位置しているか否か、重要なポジショニングである。

更に、選択する理由として、付加されるサービス、特典や制度(ポイント等)も、考慮すべき事項となる。

ECサイトを例に挙げたものの、他の商品・サービスも同様であり、情報探索し比較する時代では、日常茶飯事の顧客行動を理解し、対応すべきである。

3つの中から、真ん中を選ぶという単純な理解では実際のビジネスでは、通用しない。

中小企業マーケティング2021/04~前のページ

FREE 無料というツール次のページ

関連記事

  1. 経済は感情で動く

    認知の罠

    経済は感情で動く認知の罠。自分自身の思い込み、勘違い。…

  2. 経済は感情で動く

    ゲーム理論、判断するのは感情か理性か

    経済は感情で動くゲーム理論、判断するのは感情か理性か。人と人…

  3. 経済は感情で動く

    アタマは、不合理にお金の計算をする

    経済は感情で動く1,000円がいつも1,000円とは限らない。アタマ…

  4. 経済は感情で動く

    先入観という魔物

    経済は感情で動く先入観という魔物。私たちの頭は、当てにならな…

  5. 経済は感情で動く

    日常の非合理にこそ、罠が待つ

    経済は感情で動く日常の非合理にこそ、罠が待つ。「目先の利益に…

  6. 経済は感情で動く

    あなたは、大事なことを決めるときに、サイコロを振るか

    経済は感情で動くあなたは、大事なことを決めるときに、サイコロを振るか…

最近の記事

アーカイブ

  1. 影響力の武器

    権威とは、服従させる力である
  2. ビジネス

    検索エンジン、SNSの仕様変更
  3. 私はどうして販売外交に成功したか

    私はどうして販売外交に成功したか その1
  4. マーケティング

    USP、売れる強みをつくるポイント
  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップコトラーのマーケティング・コンセプト
PAGE TOP