Facebook一般

マーケティング情報メディア/TV・RADIO

TVは、オワコンか。
ラジオも、オワコンなのか。

このような議論は、インターネットとSNSの成長と台頭から言われていること。

ネットニュースを見ると、TVタレントやTVの話題が尽きない。

ラジオには、ファンと呼べるリスナーが存在している。

オワコン・・・終わったコンテンツとは言い難い。

マーケティング情報メディアとして、見るべきは【CM】。

CMに起用される人材(タレント、俳優等)も気になるが、やはり、CMの脚本や構成には、学ぶべきところが多い。

ウケているCM、話題のCMは、要チェック。

流行の言葉、フレーズも、TVやラジオから。

視聴者層、放映時間帯、番組内容、スポンサーの違いでCMが異なるものの、それぞれにターゲティングされた結果であり、同じ対象顧客層へアプローチするのであれば、知っておくべきということになる。

キー局とローカル局では、CMは全く異なる。

ローカル局をテスト媒体とする企業も少なくない。

地域密着型のローカルビジネスであればあるほど、ローカル局のCMは、要チェック。

勢いのある企業や商品は、必ずと言っていい程、CMに登場する。

インターネット広告と比較される場合が多い、TVCM。

リーチ数に大きな差があり、TVCMは100万人規模。

結果、認知度に大きな差が生まれる。

故に、資金力が不可欠であり、中小企業には程遠い。

私たち中小企業や小さな会社、個人事業は、TVCMを参考とし、自社の集客や広告に生かすべきだと考える。

TVCMは、法的規制や局の審査も厳しく、表現には最大限の注意が払われている。

よって、TVCMで使われているフレーズ、コピーは法的観点からベンチマークしておくべき内容である。

TVCMによって、市場が開拓され商品やサービスの認知度が拡大する場合も多いことから、中小企業や小さな会社にとっては、チャンスが生まれる機会ともなり得る。

前述のリサーチにも必須であることは、言うまでもない。

ところで、ラジオは、いかに活用出来るか?

放送局や番組毎に、ファンというべきリスナーが存在し、ターゲットのリサーチには、必須と言える。

  • どのようなことに興味や関心があるのか。
  • 話題になるテーマは、どのようなことか。

深く狭いという長所が、マーケティングとしては絞り込まれた結果として、大いに参考にすべき媒体であることは、間違いない。

30年以上続く長寿番組など、TVには存在しないカテゴリやテーマが継続していることが、ラジオという媒体の最大の強みと言える。

今後の高齢化社会においては、まだまだ活躍するであろうTVとラジオ。

オワコンと言うには早過ぎる。

簡単〇〇、カンタン■■、かんたん▲▲前のページ

中小企業の動画活用法次のページ

関連記事

  1. Facebook一般

    ビジネスアイデア クリエイティブヒント

    ビジネスアイデアを生み出すヒントについて、どういう手段や方法があるの…

  2. Facebook一般

    ビジネスアイデアやヒントは、何のために考えるか。

    要は、ビジネスを成長させるため。売上と利益を上げるために他ならない。…

  3. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/雑誌・MAGAZINE

    マーケティング情報メディアである雑誌。廃刊、休刊が続く中で、…

  4. Facebook一般

    何を売れば、売れるのか

    何を売れば、売れるのか・・・ビジネスにおける永遠のテーマ。新…

  5. Facebook一般

    経営で、1番にやってはいけないことはどれ?

    突然ですが、クイズです。経営者・事業主の方へQ:経営で、1番…

  6. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/Internet・website

    現在のマーケティングメディアの中心、Website。誰しも、…

最近の記事

アーカイブ

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    すべては変化する この世で唯一変化しないのは
  2. コピーライティング

    〇〇の法則 ○○の条件 〇〇のルール
  3. ビジネス

    中小機構のデジタル施策と支援
  4. ビジネス

    中小企業の投資とタイミング
  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    イメージと感情のマーケティング
PAGE TOP