コトラーのマーケティング・コンセプト

実践・コントロール

コトラーのマーケティング・コンセプト

具体的業務に落とし込まれないかぎり、計画は無意味だ。

戦略と実践がどちらが重要か、ということについて述べたドラッカー教授の言葉を、コトラー教授が紹介している。

不十分な計画を見事に実践することと、見事な計画を不十分に実践することは・・・。

中小企業では、よくあること。

戦略も計画も、実践されなければ結果は出ないのだから、やはり実践ありき。

時間、費用、労力のバランス、収益性、効率のバランス、外的環境や競合他社の影響によるズレ・・・。

コントロールは重要だ。

この項目では、コントロールの項目を4つに区分して紹介されている。

  1. 年間計画コントロール
    売上分析・シェア分析・財務分析など
  2. 収益性コントロール
    製品(商品)・地域・顧客・チャネルなど
  3. 効率性コントロール
    広告・販促・流通など
  4. 戦略コントロール
    評価・監査、つまり成果判断

戦略や計画のために、情報収集(リサーチ含)を行うことは当然であり、これらをコントロールするには、通常業務においてリサーチが行われ学習機能を有している組織でないと対応できない。

別の項目で、インターネットが取り上げられているが、2003年当時から、「最大限に活用せよ!」と警鐘が鳴らされていた。

現在は、マーケティングの中心がインターネット、ウェブマーケティングだと言っても過言ではない状況。

だからこそ、戦略的事項も、実践事項も、ネット業務を中心に具体的に落とし込まなければならない。

ウェブマーケティングは、データが基本であることは言うまでもないことから、上記の4項目のコントロールの判断は容易だ。

要約してしまえば、マーケティング戦略を立案し、計画を立て、実践するためには、マネジメントが重要であることが理解できる。

現在のウェブマーケティングでは、マネジメントまでを設計し設定した上でのマーケティングを実践することから、全体設計と設定までを、実践することを前提に構築すべきである。

イメージと感情のマーケティング前のページ

イノベーション次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    社員

    コトラーのマーケティング・コンセプトウォルトディズニーは、こう語って…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    イノベーション

    コトラーのマーケティング・コンセプトイノベーション(革新)を起こさな…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    コミュニケーションとプロモーション

    コトラーのマーケティング・コンセプトコミュニケーションとプロモーショ…

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップコトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト 80項目のヒントが…

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    ダイレクトメール

    コトラーのマーケティング・コンセプト最低のダイレクトメール活用法は、…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    B2Cマーケッターは、B2Bから多くを学べる

    コトラーのマーケティング・コンセプト B2Cマーケッターは、B2Bか…

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    ビジネスタイミング
  2. ホイラーの法則

    ホイラーの公式 第2条
  3. アイデアのつくり方

    06.アイデアのつくり方、最後の段階。
  4. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    19.組織構造こそ、成果をあげるための前提である。
  5. ビジネス

    残業より、副業。
PAGE TOP