コトラーのマーケティング・コンセプト

イノベーション

コトラーのマーケティング・コンセプト

イノベーション(革新)を起こさなければ、企業は死ぬ。

成功しなければ、生き延びることはできない。

コトラー先生は、断定している。

当たり前のことと言えば、当たり前。

中小企業で、イノベーションを起こす・・・イメージ出来るか。

製品・商品、サービスの品質を向上させたとしても、技術革新したとしても、市場を創造し、獲得するのは容易ではない。

中小企業のイノベーションは、時代適応だと考える。

この本が出た当時(2003年)の、ビルゲイツの言葉が紹介されている。

インターネットは、たんに新たな販売チャネルにとどまらない。

これからの企業は、デジタル・ナーバス・システム(デジタル神経系)を活用して事業を営むことになるだろう。

既に、ウィンドウズが世界中で使用されていた時に、更に、インターネットの可能性を示唆していた。

何が見えていたのか、到底理解できることではないが、当時のビジネスモデルをイノベーションする方向だったことは言葉から理解できる。

話を戻して、中小企業の時代適応がイノベーションという理由。

総じて、新しい知識や技術に遅れがちな我々中小企業は、最先端を走る必要はないと思う。

傑出した才能や卓越した能力、突出した技術力があれば市場創造も、市場獲得も可能だと思うのだが、それだけに注力するだけの資本力もない多くの中小企業は、やはり時代適応しながら、生き延びる術を探すことになる。

企業内からイノベーションを起こす上で、3つのことを掲げている。

  1. アイデア
  2. 資本
  3. 才能

アイデアを奨励する風土と文化が必要だ。

そのアイデアを具現化する資本は別枠だ。

才能のある人材を惹きつけることが重要だ。

言われていることは確かにわかる。

正論だとも理解できる。

しかし、一般的な中小企業には、どれも遠い話に聞こえてしまう。

では、中小企業の時代適応とは・・・現在でもデジタル化。オンライン化を、国が叫んでいる状況。(2020年)

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉やMA(マーケティング・オートメーション)が進む時代。

AIの進化、社会インフラのデジタル装備は、ますます進む。

時代が進化しているのだから、これこそがイノベーションだ。

ネット広告配信も、日進月歩。

検索エンジンのアルゴリズムも、日進月歩で変わっていく。

スマートフォンの機能性と利便性が、社会インフラになり生活インフラとして役割を持っている。

消費者意識も行動も、まだまだ変わっていく。

音楽、動画、アプリ・・・進化が止まっていない。

中小企業は、真面目で誠実。

だから、コツコツと同じことを継続できる。

このコツコツを、イノベーションに活用してほしい。

この項目をもって、コトラーのマーケティング・コンセプトが終了。

書籍内では、まだまだ数多くの項目が列記されていたものの、既にマーケティング5.0が出版間近。

では、この本の最後の項目は何か・・・

【熱意】。

熱意に欠けるマーケターは不要であり、人生に熱中できる人間に限るべきだ。と締めくくっている。

中小企業は、顧客に真摯に向き合い、真面目に業務を行うものの、マーケティングが上手くない。

これからの時代は、中小企業にマーケティングが不可欠の時代。

モノづくり、顧客サービスはじめ、これまで懸命に取り組んできた業務内容に、【マーケティング】を加えてほしい。

そうすることで、これからの中小企業に活路が見いだせると確信している。

実践・コントロール前のページ

スタートです。次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    イメージと感情のマーケティング

    コトラーのマーケティング・コンセプト消費者の頭よりも、心に訴えるイメ…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    経験マーケティングと財務マーケティング

    コトラーのマーケティング・コンセプト経験マーケティングと財務マーケテ…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト

    最高の広告は、たんに独創的であるだけでなく、売上に結びつくも…

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    デザイン

    コトラーのマーケティング・コンセプトデザインとは何かを理解している管…

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    B2Cマーケッターは、B2Bから多くを学べる

    コトラーのマーケティング・コンセプト B2Cマーケッターは、B2Bか…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    誰でも、ブランドになれる時代

    コトラーのマーケティング・コンセプト 誰でも、ブランドになれる時代 …

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    売上目標と売上予測、売上予算。
  2. ホイラーの法則

    ホイラーの3原則 その2 XYZ公式
  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    実践・コントロール
  4. ビジネス

    スタートです。
  5. 経済は感情で動く

    フレーミング効果
PAGE TOP