マーケティング

Webマーケティング【LP:ランディングページ】の必要性

LP(ランディングページ)は、Web広告で使われる用語です。

広告をクリックして、着地(ランディング)するページということ。

公式サイトに着地させている広告もあれば、ブログの場合もあります。

一般的には、広告専用に作成したページが、ランディングページと呼ばれています。

今さら・・・当たり前過ぎて、伝えるのを忘れていた感があります。

公式サイトが、専門サイトの場合にはランディングページとして機能する場合があります。

条件があり、ビジネスモデルがワンステップの場合。

いきなり本品を販売する、予約するというパターンということです。

通販会社のような、お試しから定期という2ステップでは公式サイトがランディングページとしては不適切です。

ワンステップ販売というパターンで、通用する公式サイトは〇〇専門店の公式サイト

そこには、専門店ならではコンテンツ、サービス、エビデンスが揃っているはずです。

更に、いきなりワンステップで販売なのですから、問題ありません。

つまり、Web広告を行う場合には、ほとんどの場合が広告用のランディングページが必要です。

SNSで、#(ハッシュタグ)で検索される場合でも、戦略的なキーワードに【#】をつけて、そのキーワードでLPを作成しているというところまであります。

なぜ、ランディングページが必要か。

公式サイトでの説明不足・・・違います。

マーケティングステップ(プロセス)を、つくっているからです。

お問い合わせ、資料請求、メール登録。

お試し、サンプル無料・・・。

この場合は、顕在型(検索広告)としてのマーケティングステップです。

最近では、潜在型(興味・関心/ディスプレイ広告)からのアプローチもあり、この場合では、顕在型LPとは異なるLPが反応がいいようです。

更に、リターゲティング(リマーケティング)を行う場合には、最初にクリックしたページと同じがいいか、違う方がいいか・・・。

と、広告と同じでABテストも行うところもあります。

広告の場合をお伝えしていますが、SEO的にランディングページを作成し機能させているところもあります。

ビッグキーワードでは難しいのですが、自社の得意分野や競争優位性のあるキーワードがある場合には、そのキーワード用にLPを作成することで、SEO(検索上位)に効果が生まれる場合もあります。

つまり、LPは使いよう。

中小企業・小規模事業だからこそ、LPは必要であり活用すべきです。

ビジネスモデルやマーケティングステップ(プロセス)次第で、LPの工夫も活用法も、幅が拡がります。

LPを活用していないWebマーケティングでは、今後ますます効果が出にくくなると思われます。

LPのつくり方やコツについては、別途お伝えする予定です。

中小企業・小規模事業、ロゴの目的前のページ

アルファベットのイメージ。次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    情報発信の回数とタイミング

    ブログ、SNSなど情報発信されていると思います。朝昼晩とLI…

  2. マーケティング

    FREE 無料というツール

    【無料】、マーケティングツールとしていろいろと使われています。…

  3. マーケティング

    新しい集客の切り口をつくる、サービスメニューの重要性

    商品を販売されているところでも、サービスがありますよね。アフ…

  4. マーケティング

    マーケティング勉強法 実践的感覚トレーニング

    マーケティングを勉強する・・・本を読む、オンラインセミナーで学ぶが一…

  5. マーケティング

    競合対策Webツール

    最近では、競合対策を行うためのWebツールがいくつも出ています。その…

  6. マーケティング

    Webマーケティング【YouTube】ダントツの可能性

    YouTubeが、都内の電車広告、TVCMを始めています。先…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    FREE 無料というツール
  2. 思考の整理学

    04.情報の”メタ”化(高次化)で、思考が整理
  3. マーケティング

    公式サイトの最重要ページ活用による ブランディング
  4. マーケティング

    情報発信の回数とタイミング
  5. ビジネス

    レジリエンス=マーケティング
PAGE TOP