コトラーのマーケティング・コンセプト

競合他社

コトラーのマーケティング・コンセプト

 どんな企業にも競合他社が存在する。

この項目では、競合他社を軽んじてはいけないという、当たり前のことを伝えているのかと思いきや、以下のように書かれている。

競合他社を打ち負かしたければ、まず自社に攻撃を挑むことだ。

他社が仕掛けてくる前に、まず自らの手で自社を陳腐化させる努力が必要である。

つまり、自社が陳腐化すると仮定して、新商品や新サービス、品質改善や向上、代替品、参入を仮定して、あらゆることに取り組むべきだと理解できる。

加えて、今日の競争は、企業間競争からネットワーク間競争へと変化しつつある。

と、この項目でも17年前に現在を予測しているということが述べられている。

正に、現在はネットワークの時代。

モノづくりにおいても、ソフトウェア開発、サービス提供でも、自社のみの力で、価値提供を行える企業は皆無と言える。

そうであれば、特に中小企業は、ネットワークの力は必要不可欠。

誰とどのようなネットワークが形成されているかによって、生み出せるモノは大きく変わってくる。

本が書かれた2003年当時は、技術力の差が大きな差別化要因だったのか、競合他社については、「破壊的威力を秘めたテクノロジーの可能性が高い」と、ここでも現代を予測し、IBMの過ちとして、ビル・ゲイツではなく、富士通を警戒していた事実を挙げている。

現代の中小企業は、どのような部分で差別化を行うことが出来るだろうか。

知識も技術力も、確かに差別化を生み出す要因には違いないものの、そのためには、大変な労力、時間、資金が必要になる。

更に、現代社会のスピードは、以前にも増して加速している。

次々に自動化が進められる社会、広告配信や機能も日進月歩で進化していく。

最先端の情報、技術、能力を自社で対応することそのものが難しい。

だからこそ、それらのネットワークの拡大や拡張を行わなければ、競合他社に大きく水を開けられてしまうカタチとなる。

この項目の最後では、競合他社の動きに目を光らせるのは重要だが、それ以上に大切なのは、つねに顧客のことを考えることである。

として、市場と顧客の理解を怠ってはならないと警鐘を鳴らしている。

個人的には、これからの中小企業のネットワークで最も必要なのは、顧客ネットワークではないかと思う。

顧客のことを理解できる基盤を持つことで、事業の拡大や拡張、事業転換、新規事業も大きな可能性を持つと思われる。

この項目の冒頭では、航空会社が1社になっても、移動手段としては鉄道・バス・自動車、最終的には、歩くということも気にかけなければならないと例を挙げている。

更に、コカ・コーラの元CEOの言葉として、世界中に44憶の人がいるが、コカ・コーラの占める量は、わずかしかなく、「敵は、コーヒーであり、ミルクであり、お茶であり、水だ」と言った言葉を紹介している。

広義、狭義の競合他社を再定義し、自社成長のためのネットワークを構築する。

更に、顧客ネットワークを機能させる。

これからの中小企業経営、まだまだやれることがあると思う。

競争優位前のページ

コンサルタント次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    デザイン

    コトラーのマーケティング・コンセプトデザインとは何かを理解している管…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト

    最高の広告は、たんに独創的であるだけでなく、売上に結びつくも…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競争優位

    コトラーのマーケティング・コンセプト 競争優位は、絶対的なものではな…

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    社員

    コトラーのマーケティング・コンセプトウォルトディズニーは、こう語って…

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップコトラーのマーケティング・コンセプト

    フィリップ・コトラーのマーケティング・コンセプト 80項目のヒントが…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    実践・コントロール

    コトラーのマーケティング・コンセプト具体的業務に落とし込まれないかぎ…

最近の記事

アーカイブ

  1. ビジネス

    マネジメントの重要性
  2. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    16.コミュニケーションが成立するには、経験の共有が不可欠である。
  3. ビジネス

    ビジネスタイミング
  4. ビジネス

    中小企業・小規模事業のSNS活用法
  5. マーケティング

    イマドキのマーケティングリサーチとは
PAGE TOP