Video

広告をヒットさせる3つの条件

対象顧客と商品のマッチングが悪ければ、

いい企画でも、

いいコピーでも

いいLPだろうが、滑ります。

つまり、広告をヒットさせる前提条件は、【誰に、何を売るか】です。

どう売るかの部分で、タイミングが関係のある商材もあれば、ない商材もあります。

どう売るかの部分で、一昔前は、キャッチコピーや売り方が注目されましたが、今は、【媒体】とのマッチングが重要です。

つまり、
ターゲット×商品(サービス)×媒体が、広告をヒットさせる最低条件です。

そこに、キャッチコピーや売り方のノウハウが加わります。

ターゲットに、ハマれば商品や媒体が弱くても、ヒットします。

商品(サービス)がよくても、ヒットします。

媒体の力で、ヒットすることもあります。

3条件が揃っていると、爆発的にヒットします。

もう5年以上前になりますが、クライアントさんのある商品をネット広告で販売することを強化したところ・・・
1年で5倍以上になりました。

現在も、同じようなことがあります。

クライアントさんのところで、店頭で全く売れなかった商品(元々、ネット商材として企画)ですが、SNS広告だけで、売れています。

店頭ゼロだったのですが、約半年で2,000個以上。

マーケティングのノウハウということではなく、時代の流れに合わせた組み合わせです。

もちろん、競合先に比較されても負けないような、品質やサービス、価格、特典なども用意されているのは当然です。

今後は、リスティング広告で、ますます自動化が加速しそうです。

グーグル広告では、P-MAXという広告種別がローンチされています。(現在、テスト広告検証中・・・)

以前は、広告設計や配信ノウハウが非常に価値のあるものであり、そこが、プロとしての腕前だったのですが、自動化になると出る幕が減ります。

こうなると、中小企業のマーケティングは、ますます細分化に向かう必要があるとも言えると思います。

専門化やカテゴリー化をしていなければ、ターゲットに届かないことになりかねません。

誰誰のための・・・対象顧客(ターゲット)をより具体的に。

何々が専門、得意な・・・商品(サービス)の具体的な特異性。

これから、Web広告の業界では、広告ヒットの条件がまた変わるかもしれません。

広告ヒットの条件も、時代で変わっていきます。

この内容は、YouTubeで公開しておりますので、こちらも是非ご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PPaAAyjCR2I

Web広告、HP,SNSの【オーディエンス】活用法前のページ

〇〇が上がる●● 〇〇が下がる●●次のページ

関連記事

  1. Video

    【売上アップ】リピーターをつくる3つのポイント+1

    リピーター顧客が、売上に占める割合で、新規顧客を獲得する必要数は大き…

  2. Video

    キャッチコピーワンポイントヒント 良い○○、悪い〇〇

    良い○○、悪い〇〇商品やサービスの品質や性能にとらわれがちで…

  3. Video

    キャッチコピー ヒント 〇〇なら××

    〇〇なら、×× 〇〇に、お客様の悩みや不安、または探しているモノ等を…

  4. Video

    アンカリング効果

    集客マーケティングの実践心理学として【アンカリング効果】について、お…

  5. Video

    2022年からのマーケティングキーワード

    ズバリ、【推し】です。売り手が押すのではなく、買い手から推さ…

  6. Video

    逆算式マーケティング公式

    売上アップのためのマーケティング公式である逆算式マーケティングの公式…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    中小企業のオンライン戦略
  2. 影響力の武器

    好意とは、優しい泥棒
  3. ホイラーの法則

    ホイラーの法則 事例やポイントのワンポイント解説 
  4. ビジネス

    中小企業の新ビジネスモデル構築法
  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    デザイン
PAGE TOP