ビジネス

中小企業の認知広報戦略

中小企業や小規模事業が、上手ではない戦略です。

商圏、市場から知られているか・・・知られていると思ったら大間違いです。

もちろん、私も知られていないのですが。

大企業や誰もが知っているメーカーさんは、なぜ知られているか?

売れているから・・・確かにそうです。

多くの販売場所に並んでいるから・・・それもそうです。

しかし、最も影響が大きいのは・・・TVCMをはじめとした広告です。

地域密着のローカルビジネスでも、ローカルでTVCMをされるところがありますが、費用対効果が見えにくく、高額なので手が出ません。

だから、SNS。

これも、確かにそうです。

しかし、知られません。

フォロワーが伸びても、売上が上がらないのでれば、無駄骨です。

ブログやホームページ、これも何もやらなければアクセスも伸びませんし、知られることがありません。

ズバリ、ネット広告をオススメします。

他の広告媒体に比べて、低予算から出来ます。

自社のターゲット(オーディエンス)を設定できます。

自社の顧客に合わせた媒体を選べば、SNS広告も十分に効果があります。

弊社のクライアントさんですが、SNSの投稿を広告することで、必ず問い合わせが数件あります。

媒体側のサポートチームから、不思議だと言われていますが、本当です。

ネット広告(グーグル、ヤフー)でも、低予算で可能です。

今であれば、成長期のYouTubeが、最も認知媒体としては優れているかもしれません。

しかも、これらのネット広告は、全て地域配信が可能です。

顧客がスマホを使わないという事業は、ほぼ存在しないと思います。

今でも確かに、TVCMは効果的ですが、ネット広告も負けていません。

これからは、認知広報戦略として、ネット広告を使いつつ、探している人(検索広告)に、リーチするという方法が主流です。

イメージ戦略を含む、ブランディング戦略、マーケティング戦略まで同時に行うことになりますが、整えることで上手く機能します。

昔は、中小企業や小規模事業には、デザインやブランディング等は遠い話であり、必要なものとは思われていませんでした。

しかし、今では【必須】です。

コンテンツ(動画、画像、テキストとその内容)が、イメージを決めます。

地域最安値のような低価格戦略には、高品質なコンテンツは求められませんが、私たち中小企業・小規模事業は、そうではありません。

顧客から共感・期待されるコンテンツづくりが必要になります。

そして、ネット広告です。

競合他社がやり始めたら、どうでしょうか?

嫌だな・・・と思われるなら、相手も同じです。

誰かが言っていました・・・有効な戦略は、相手が嫌がることをやることだ。

気をつけることが一つあります。

悪口、誹謗中傷、炎上は、加速して拡がります。

しかも、広告もしないのに。

ところで、ネット広告は企画が命です。

何を伝えるか、どう伝えるか。

コンテンツも同じであり、テーマやコンセプトが必要です。

中小企業の認知広報戦略は、マーケティング戦略の大事な要素なのです。

23.成長は、自動的には起こらない前のページ

中小企業が使うべきオンラインツール次のページ

関連記事

  1. ビジネス

    売上目標と売上予測、売上予算。

    経営計画、事業計画を行う上で、よく目にする【売上目標】。又は…

  2. ビジネス

    中小企業のSNS戦略 投稿 vs 広告

    各SNSで、ユーザーの年代層や性別、使われ方等が違うことは、皆さんも…

  3. ビジネス

    財務改善ステップ

    コロナ禍の状態が続いており、厳しい経営状態の中小企業が増えています。…

  4. ビジネス

    事業オンライン化

    オンラインセミナーが、花盛りです。中小企業庁も、推奨していて…

  5. ビジネス

    中小企業・小規模事業の成長市場

    中小企業と小規模事業の成長市場・・・もはや言うまでもなく、EC市場で…

  6. ビジネス

    【高価格帯×高利益額】戦略のススメ

    大きく様変わりしていく経済情勢と環境の中、自社を取り巻く状況も変わり…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    Webマーケティング、アップデート情報202105
  2. マーケティング

    Webマーケティング パーツの重要性
  3. マーケティング

    あなたの会社や商品・サービスが知られる必要性
  4. マーケティング

    集客 to 増客
  5. マーケティング

    新しい集客の切り口をつくる、サービスメニューの重要性
PAGE TOP