マーケティング

USP、売れる強みをつくるポイント

今回は、USPについて書いてみます。

いろいろな記事で、意味や大手企業の事例が紹介されています。

端的に言えば、売れる強みのことです。

顧客がそのUSPを見て、聞いて、魅力的かどうか。
価値を感じるか、ということになります。

更に、競合先と比較した場合には、優位性があるか。

一般的には、以下の項目で考えることが多いかと思います。

  1. 価格
  2. 品質
  3. 機能
  4. 利便性
  5. 保証
  6. 特典
  7. 品揃え
  8. デザイン

ただ、これらの項目は、競合先が使っていたり業界大手が言っていることが多いのも事実。

そうなると、どのようにUSPをつくるか・・・となりますが「1つでなくていい、ターゲットごとに多くのUSPを表現していい」と、考えるといかがでしょうか?

ターゲットごとのUSPであれば、考えやすくなると思います。

現代のマーケティングには、【誰に】が最も重要だと考えています。

そうなると、よく言われる「ターゲットの絞りこみ」が必要。

つまり、絞り込んだのですから、そのターゲット向けのUSPが必要です。

専門店化?と間違われそうですが、そうではありません。

専門店であっても、ターゲットを絞りこむことで、USPは変わると思います。

それは、絞り込んだターゲットが使う言葉や用語、表現があるからです。

わかりやすい例だと、年齢。

50歳以上の・・・、となると35歳の人からは見向きもされませんが、対象年齢の人は、振り向いてくれます。

USPは、広告コピーに似ていて、言葉に表現するのは難しいと思いますが、ターゲットとした顧客の「悩みや不安」、「問題解決」を呈示することが基本になります。

先ず、ターゲットの顧客の「悩みや不安」、「問題としていること」を書き出してみます。

更に、具体的に、何に悩んでいるのか、何が不安なのか何が問題だと考えているか、ということを書いてみます。

そして、その横に、自社で解決できる商品やサービス、方法を書きます。

その中から、既存顧客から、よく聞かれることや言われることを探してみてください。

わからない場合には、既存顧客に、「なぜ、お取引しているか?」ということを、出来るだけ具体的に聞いてみてください。

USP、売れる強みですし、あなたの会社や商品の良さを伝えるものです。

ないよりも、あった方がわかりやすく、興味も持ってもらえます。

コロナ禍で時代が動いています。

業種・業態転換や新事業を検討される方も多くなると予想されます。

だからこそ、既存事業を基盤して、次の展開につなげるために基本的なことである、USPを見直してみてはいかがかと思います。

ご質問やご相談、お気軽にご連絡ください。

自動的な影響力の武器、3つの要素前のページ

検索エンジン、SNSの仕様変更次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    マーケティングノウハウ<マーケティング戦略

    マーケティングのノウハウやテクニックは、媒体毎(SNS運用や広告)や…

  2. マーケティング

    ツイッターの逆襲

    ついに、ツイッターが第二創業とも言える動きを始めました。他の…

  3. マーケティング

    集客 to 増客

    集客、どこの企業やどんな事業にとっても必要です。これが出来な…

  4. マーケティング

    動画WARS勃発

    YouTubeのアップデートが、進んでいます。ご存じの方も多…

  5. マーケティング

    ビジネス構造化

    ある本(ビジネス構造化経営理論)によれば、ビジネス全体を構造的に捉え…

  6. マーケティング

    Web広告、HP,SNSの【オーディエンス】活用法

    検索エンジン広告でも、SNS広告でも、【オーディエンス設定】は重要で…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    お客様は、明確なお願い(指示)がないと動きません。
  2. ビジネス

    【高価格帯×高利益額】戦略のススメ
  3. ビジネス

    経営代謝
  4. コピーライティング

    ここだけの話。
  5. ホイラーの法則

    ホイラーの公式 第3条
PAGE TOP