マーケティング

コンバージョンまでの距離感と広告設計

リスティング広告をやっていて、気をつけることにキーワードとコンバージョンの距離感があります。

ディスプレイ広告(バナー広告)は、予期せずに突然に表示されることから、距離感というよりも出会う場所やバナーのコピーやイメージが重要であり、この話題は、次回にします。

検索広告では、コンバージョン(購入、申し込み、問い合わせ等)を意識するのは、言うまでもないことです。

検索するという行為は、自発的なのですから、意識も身体も反応する準備が出来ていると言えます。

商材属性や特性、検索するユーザーのキーワードが悩み・不安系のものであるとか、検索の主となる語の共起語(2語、3語で検索される語)によってユーザーがどのような観点で探しているかということを考えて、広告設計を行う必要があります。

例えば、アフィリエイトでよく見られる、

〇〇ランキング

2021年版 オススメ〇選

と言うサイトを見る場合には、共起語の価格や費用、評判などの具体的な内容よりも、ぼんやりしています。

〇〇 激安

というようなキーワードでは、LPに他社との価格比較や圧倒的な安さを売りにしていなければ、キーワードと関連していないとなります。

検索広告をやっていると、ユーザーは、いろいろな言葉で検索しており、コンバージョンするもの、しないものと分かれます。
クリック単価が高いもの、低いものもわかります。

リスティング広告は、設計・設定してからが始まりであり、キーワードの精査が必要です。

そこで重要なのが、「検索クエリ」。

必要ではないキーワードを取捨選択することで、ムダな費用を抑えることが出来て、効率的な運用になります。

更に、キャンペーンという予算設定が出来る場所が指定されているので、運用途中からキャンペーンを増やしたり、広告グループ(キーワードをセットするところ)から、特定のキーワードを別の広告グループにする等も行うことになります。

実は、コンバージョンとの距離感は、手探りです。

広告設計・設定する際に、十分に検討してセットすることはもちろんですが、思い通りには動かないのが現実です。

ですから、出来るだけチェックして、修正しながらコンバージョンまでの距離を縮めていくことが必要になるということです。

弊社は、リスティング広告の代理店としての事業を行っていませんが、コンサルティングの一部として、アカウントのサポートやアドバイスを行っています。

月間1億円のアカウントから、月間3万円のアカウントまで、量が多いか少ないか、アカウントが複雑かどうかという違いはありますが、基本的な部分は同じです。

オンライン化が進み、中小企業もネット広告・SNS広告等のリスティング広告が、進んでいます。

この時期だからこそ、しっかりと広告の構造や設計・設定を理解して、Web広告戦略を構築することで、今後の事業や集客が変わっていきます。

5.マーケティングの集中の目標前のページ

売上目標と売上予測、売上予算。次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    マーケティングご相談事例:採用システム販売のSNS戦略について

    今回は、実際にご相談のあった事例について、ご紹介します。但し…

  2. マーケティング

    FREE 無料というツール

    【無料】、マーケティングツールとしていろいろと使われています。…

  3. マーケティング

    フルファネル的アプローチ

    フルファネル、最近少し聞くようになりました。ネット検索すると…

  4. マーケティング

    やっている会社の売上が上がらない理由

    頑張っているけど、売上が上がらない・・・。と思っている経営者…

  5. マーケティング

    ピンタレスト広告の活用法とチャンスな業種

    ご存じの方も多いかと思いますが、ピンタレスト広告始まっています。…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    既存客へのアプローチ方法とステップ設計
  2. ビジネス

    中小企業・小規模事業、ロゴの目的
  3. マーケティング

    ローカルビジネス必須ツール
  4. コピーライティング

    時代によって、表現が変わります。
  5. コピーライティング

    〇〇タイプ、〇〇スタイル、〇〇モデル
PAGE TOP