マーケティング

売れる商品の見つけ方

売れる商品の見つけ方をお伝えします。

結論的に言えば、

  1. 売れている商品を見つけて、真似する。
  2. 売れている商品の関連商品が、自社に関係ないか探す
  3. 話題の商品を探して、取り扱えるようになる

これらのことは、当たり前のことなのですが、実は【やる人】は、少ないです。

通販会社を見渡してください。

ヒット商品が出て、似たような商品が出る場合と出ない場合があります。
それは、市場性や継続性などを勘案しての市場参入判断だと思います。

ところが、
ほぼ同じような商品が売られていることがありますよね。

なぜでしょうか?
単純に、売れるからです。

では、なぜ他の会社はやらないか?
売れないと思っているからです。

マーケティングの業界で、よく言われることなのですが「売れるモノを売った方が、売れる」
そりゃ、そうです。

ところが、こだわり、プライド、これまでの開発期間や経費・・・。
売れないモノを売ろうとします。

本当は売れるモノでも、自分たちの考え方や方法に固執して・・・
売れなくしています。

次に、売れている商品の関連。

これも、よく例え話である、ゴールドラッシュとジーンズの話と同じ。
説明は不要かと思います。

業界で、大ヒット商品は毎年出ていますか?
ほとんどないと思います。

であれば、大ヒットが出た時は、大チャンスなのです。
関連が売れる可能性が非常に高い確率だからです。
これを、見逃してはいけません。

業界内でのヒット商品、大ヒット商品の要因が何か、そして関連商品があるか・・・重要です。

例えば、DIY。
プロ並みの工具が、バンバン売れてます。
それに伴い、作業用のグローブや工具箱もガンガン売れています。

最後に、話題の商品。

話題になった時点で遅いのでは・・・と思う方が多数。

ところが、話題の中心はやはり都市圏であり、特に東京です。
だからこそ、地方にはチャンスありなのです。

TV,雑誌、ネット、とにかくアンテナを張り巡らせて情報収集が重要です。

昔であれば、展示会や出かけていかなければならないことが、今では、オンラインで出来てしまいます。

プラスアルファで、上記3項目の組み合わせでも考えてみてください。

日経トレンディ、モノクロなどの雑誌やMAKUAKEなどのクラウドファンディングには、人気や話題の商品が掲載されます。

私も、クライアントさんの売れる商品には、アンテナを張っています。

そして、毎年のように、売れる商品を見つけています。

付け加えますが、今売れていない商品も、売れている商品を参考にしてリニューアルさせることで、売れるようになるモノも多数です。

これも、クライアントさんの事例が多数あります。

商品そのものが売れないという場合に、すぐに売れないと判断する前にリニューアルも考えてみることも重要です。

商品の売り方が悪く、売れない場合もありますので、売れない理由を冷静に分析することで、売れる突破口につながります。

ぽちっとボタンを押して、売れるかどうかは、準備で決まります。

財務改善ステップ前のページ

認知の罠次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    新しい集客の切り口をつくる、サービスメニューの重要性

    商品を販売されているところでも、サービスがありますよね。アフ…

  2. マーケティング

    USP、売れる強みをつくるポイント

    今回は、USPについて書いてみます。いろいろな記事で、意味や…

  3. マーケティング

    事業再構築補助金ビジネスプラン

    事業再構築補助金が、一部で話題です。公募や対象業種は未定です…

  4. マーケティング

    売上アッププログラム_マーケティングコントロール

    売上アップを行う段階で、後手になるのがマーケティングコントロールです…

  5. マーケティング

    売上アッププログラム_Web最適化

    マーケティングコントロールについてお伝えしようと考えていたのですが、…

  6. マーケティング

    必須のマーケティングツール【タグ&ラベル】

    マーケティングツールで、【タグ】とは聞いたことがないかもしれません。…

最近の記事

アーカイブ

  1. コピーライティング

    これからの〇〇〇
  2. ドラッカーのMANAGEMENT 基本と原則

    9.組織構造のイノベーション
  3. アイデアのつくり方

    03.アイデアを作る実際的な方法、手順について
  4. ビジネス

    ビジネスタイミング
  5. Video

    売上アップ3つの準備
PAGE TOP