マーケティング

ノンターゲッティング広告によるターゲティング

Web広告の業界では、数年前から使われていたのが、【ノンターゲティング】という広告配信方法です。

特に、フェイスブック広告やグーグル・ヤフーのディスプレイ広告で使われていました。

もちろん、今でも使われています。(弊社のクライアントさんも、使っています)

なぜ、ノンターゲティングで配信するか。

検索キーワードが多くない

事業分野のカテゴリが複数あり、それぞれのキーワードやテーマでの広告では、費用が大きくなる

例えば、私。

コンサルタント、コンサルティングというキーワードで検索広告を検討します。

クリック単価を大手コンサルティング会社と競う・・・無理です。

業務内容は、いろいろあります。

集客、広告、戦略・・・、それぞれに広告を配信する・・・無謀と言えます。

このような時に、ノンターゲティングで広告します。

広告内容は、何かしらのテーマを持って、クリエイティブ(画像・動画)を作成。

配信すると、どうなるか・・・。

広告配信した画像や内容に、興味や関心を持った人が、クリックしてくれます。

クリックしてくれたということは、LP(ウェブサイト)を訪問してくれました。
そのデータは取得できます。

つまり、これからリターゲティング出来るということ。

Web広告の業界では、当たり前のことですし、最近では活用しているということもあまり聞かなくなりましたが、今でも使える方法です。

このノンターゲティング広告の進化版が、グーグル広告のP-MAXとかディスプレイ広告のターゲット設定、プレースメント設定などです。(詳細は、割愛します)

この記事を読む方の中には、「古い」と思われる方もいるかと思いますが、今だからこそ、試してみる価値があります。

このノンターゲティング広告、ほかの広告と比べるとクリック単価は安いですよね。

しかも、今はスマホのGPSはじめ、サイト検索履歴、SNS履歴・・・。
数年前よりも、精度も確度もはるかに上がっています。

つまり、ノンターゲティング広告と言えど、配信側が既にターゲットをしてくれると言ってもいいぐらいです。

商品やサービスのカテゴリが複数ある業種、小売業やサービス業には活用できます。

ノンターゲティング広告、今だから検討する価値はあります。

中小企業・小規模事業のSNS活用法前のページ

ビジネスアイデアやヒントは、何のために考えるか。次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    Webマーケティング パーツの重要性

    Webマーケティングで、コンテンツが重要なのは言うまでもありません。…

  2. マーケティング

    あなたの会社や商品・サービスが知られる必要性

    あなたのビジネス、商品・サービスは、市場、商圏、対象顧客に知られてい…

  3. マーケティング

    Webマーケティング、アップデート情報202105

    ios14の件で、Webマーケティングの業界が賑やかです。確かな情報…

  4. マーケティング

    シン・マーケティング

    【シン】、最近見かけるようになりました。シンに続き、ゴジラ・…

  5. マーケティング

    売れる商品の見つけ方

    売れる商品の見つけ方をお伝えします。結論的に言えば、…

  6. マーケティング

    ビジネスアイデアやヒントが見つかる媒体

    新しいビジネスのアイデアやヒント、切り口を見つけるということは、経営…

最近の記事

アーカイブ

  1. 私はどうして販売外交に成功したか

    私はどうして販売外交に成功したのか
  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競争優位
  3. マーケティング

    あなたの会社や商品・サービスが知られる必要性
  4. マーケティング

    グーグル無料ツール:2021年9月
  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    コミュニケーションとプロモーション
PAGE TOP