コトラーのマーケティング・コンセプト

絶えないチャレンジが、将来を創り出す。

コトラーのマーケティング・コンセプト

エジソン曰く、「蓄音機には価値がない」

IBM初代社長曰く、「コンピュータは、世界で5台ぐらいは売れると思う」

と、名経営者であっても、昔から将来予測は難しかったと言える。

「見るのは簡単、見通すのは困難」

と述べたのは、ベンジャミン・フランクリン。

経営上において、将来予測が出来るならば、こんなに強いことはない。

しかし、それはままならない。

既に決まっている法改正、行事、規制緩和が公開されていても、何が起こるかわからないのが、世の中。

社会動向、経済情勢を予測する人たちも、当てにはならない。

特に中小企業で、大きな動きや流れに左右される事業形態であれば、ウラから見れば、外的要因の影響を受けやすいということ。

つまり、不安定になりやすい。

昔は、業界組合や団体が政治と繋がりを持ったのは、いち早く制度改正や規制緩和の情報を得て、先駆者利益や事業防衛を行うという目的もあったかと思う。

20年以上前は、国内の景気対策は、住宅とクルマだった。国内産業が成長し、給与も上昇していたという背景もあった。

現在の景気対策は、金利のみ。

産業では、どうにもならないという状況だとも言える。

事業経営は性質上、環境適応していかなければならない。

時代のブーム、トレンドをいち早く掴み、時代の波に乗るという方法も確かにある。

将来予測どころか混乱の時代、どうすればいいのか?

成長産業と言える業種は、どれぐらいあるだろう。

衰退業種と言われながら、成長する企業もあるが、そのような業種は、ますます二極化が進んでいる。

本の中で、有名な事業戦略家の言葉が紹介されている。

「最も確実に将来を予測する方法は、将来をつくり出すことだ」

正に、中小企業に当てはまる言葉。

外的環境や要因に、場当たり的に対応して事業を継続していると、将来への取り組みが後手に回ってしまう。

そして、競合他社が進み始めた時には、既に追いつけない。

将来をつくり出す準備を行うことが、重要な時代。

それには、先ず「時間」。

そして、「スピード」。

自分もそうだが、時間がないこと、スピードが上がらないことは、どれだけでも言い訳が出来る。

先を行く事業家や経営者の共通項は、「全てに早い」。

早くやるにはどうするか、早く出来るにはどうやればいいか。

自社の時間や労力の対価として、業務委託などを活用し業務を軽減して、有効な時間を創り出す。

現代の将来予測は、将来構築のための準備と取り組みが決めると思われる。

何に投資し、何を削り、何を生み出すか。

ここでも、トライアル&エラー。

絶えないチャレンジが、将来を創り出す。

経験マーケティングと財務マーケティング前のページ

イメージと感情のマーケティング次のページ

関連記事

  1. コトラーのマーケティング・コンセプト

    経験マーケティングと財務マーケティング

    コトラーのマーケティング・コンセプト経験マーケティングと財務マーケテ…

  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    ダイレクトメール

    コトラーのマーケティング・コンセプト最低のダイレクトメール活用法は、…

  3. コトラーのマーケティング・コンセプト

    誰でも、ブランドになれる時代

    コトラーのマーケティング・コンセプト 誰でも、ブランドになれる時代 …

  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    顧客

    コトラーのマーケティング・コンセプトわれわれは現在、顧客が主導権を握…

  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    すべては変化する この世で唯一変化しないのは

    コトラーのマーケティング・コンセプト すべては変化する_ この世で唯…

  6. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競合他社

    コトラーのマーケティング・コンセプト どんな企業にも競合他社が存在す…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    中小企業のオンライン戦略
  2. ビジネス

    中小企業の新ビジネスモデル構築法
  3. ビジネス

    経営情報アップデート
  4. コピーライティング

    キャッチコピー ワンポイントヒント ○○だけ
  5. 思考の整理学

    06.思考の整理、しゃべること・話すことも有効
PAGE TOP