マーケティング

売上アッププログラム_Web最適化

マーケティングコントロールについてお伝えしようと考えていたのですが、時代的に、ここを伝えなければ・・・と

Web最適化について。

既に、MFI(モバイルファーストインデックス)がスタートしています。

昨年9月から実装されていて、対応する必要があるウェブサイトは、改善が必須です。

自社サイトがどうなのかということは、下記でサイトを参考にチェックしてください。

https://www.suzukikenichi.com/blog/two-tools-to-see-if-your-site-is-ready-for-mobile-first-index/amp/

以前にもお伝えしたように、【スマホビジネスモデル】の時代です。

そして、多くの中小企業は、ネットに弱いのが現実です。

  1. 公式サイトと呼ぶべきメインのホームページ
  2. 広告用のランディングページ
  3. 顧客との接点をつくるSNSページ
    (1)フェイスブックページ
    (2)インスタグラムアカウント
    (3)ユーチューブチャンネル
    (4)ライン公式アカウント
    (5)ツイッター
    (6)note
    (7)ピンタレスト
    (8)Tiktok
  4. ブログ
  5. ライブ系
    (1)ラジオ
    (2)音楽

と、SNSは、国内で動いているものが、これだけあります。

何に取り組み、何に取り組まないかと取捨選択していくことになります。

それぞれに役割と機能がありますから、使いこなすことが必要です。

多くの中小企業は、割と雑に運営&運用しています。

細かくし過ぎても、対応出来ないので、仕方がないと思いますが、自社は何をやるべきか、どう進めるべきかという方針、方向性や戦略は持つべきです。

各媒体の特長がありますから、それぞれの顧客層に応じて情報発信する内容も異なります。

広告配信機能がある媒体は、それぞれに対応する必要があります。

ここまで書くと、「任せた方がいいな」となりますが、最低限の知識は、持たれていないと最適化は難しくなります。

最終目標、目的は、どこの企業でも、【新規顧客獲得】、【新規集客】になるのですが、それまでの導線しかり、集客用のコンテンツ、何をどう設計していくかということについて、前述した方向性や戦略がなければ、専門家に任せても「考えていたことと違う」となってしまい、「効果があるのか、よくわからない」と、なってしまいます。

売上アッププログラムとして取り組む際には、全体設計を行うことはもちろんなのですが、特に、Web最適化は、別にしっかりと考えていただく必要があります。

ちなみに、Webマーケティングで使われる用語、

KPI(key Performance Indicator)
CPA(Cost Per Action)
CV(Conversion)

は、各企業で定めるところですので、間違いのないようにしたいところです。

Web戦略最適化の目的や目標について検討していただくところから、始めていただくといいと思います。

その際に、何が出来るか、何がわかるか、どうすれば出来るのか、ということを5W1Hでチェックすることで、より具体的になります。

次回は、マーケティングコントロールの件をお伝えしようと思います。

スタートです。前のページ

影響力の武器次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    KSF(キー・サクセス・ファクター)

    ビジネス誌や、ビジネスセミナーで使われている言葉です。端的に…

  2. マーケティング

    既存客へのアプローチ方法とステップ設計

    オンライン化・デジタル化を進める企業が多い中、オンラインショップが急…

  3. マーケティング

    Web集客、多種多様

    Web集客については、本当に多種多様になりました。この媒体が…

  4. マーケティング

    あなたの会社が売り込む理由

    オススメ、レコメンドなど、毎日見ない日はありません。ショッピ…

  5. マーケティング

    ビジネスアイデアツール

    新しいビジネスをつくる・・・という世の中の流れがあります。最…

  6. マーケティング

    情報発信の回数とタイミング

    ブログ、SNSなど情報発信されていると思います。朝昼晩とLI…

最近の記事

アーカイブ

  1. Video

    【売上アップ】 売れる広告のルール
  2. ビジネス

    消費マインドと最優先事項
  3. 影響力の武器

    返報性のルール
  4. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競争優位
  5. マーケティング

    Web集客、多種多様
PAGE TOP