マーケティング

ツイッター広告、最新機能リアルタイムキーワードターゲティング

新しいツイッターの広告配信機能が、スタートしています。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、あえてご紹介します。

これまで、ツイッター広告は、指定したキーワードに関連するツイートを最大7日前までさかのぼってターゲティング。

ツイッターという媒体特性である、「リアルタイム」に対応出来ていませんでした。

それが今回の機能で、10秒以内にツイートしたユーザーに対して、最短数十分以内で広告配信が可能。

ツイッターを使っていないところは、ピンとこないかもしれません。

そもそも、ツイッターって、中小企業がどう使うの?と思われるかもしれません。

SNSとしては古いものの、【炎上リスク】から、中小企業が積極的に使用するところが少ないのですが、これからは業種や業態によっては、有効な媒体です。

地域配信も可能ですから、ローカルビジネスでも使えます。

自分の業種において、どのような「#」が使われているのか、トレンドキーワードや定番キーワードを、どう活かすか、探すかがポイントです。

そのためには、ツイッターに取り組む必要があります。

他のSNSも同じですが、テーマやコンセプトを決めずに、投稿したり、リツィートしてしまうと、炎上リスクが高まります。

拡散力が強い劇薬的な側面があるのですから、使用上は注意が必要です。

基本的なことですが、ツイッターのヘルプセンターは要チェック。
https://help.twitter.com/ja

Twitter

さて、リアルタイムキーワードターゲティングを、どう使うか。

ツイッターユーザーが、どのように使っているかを知ることが先決です。

例えば、何かを調べる際には、ツイッターユーザーは、「#」で検索し、その後、検索でわからなければ、そのキーワードでツィートします。

つまり、顧客の悩みや不安も、「#」だということです。
そこに、地域やリアルタイムが組み合わさると・・・何かが出来そうです。

これからのサービスではありますが、知っておくことで、新規客の集客や既存客のプロモーションに使えます。

今後、クライアントさんと検討していくことになります。

ちなみに、私もツイッターを動かしています。
https://twitter.com/ynomoto

現在は、キャッチコピーのことを中心に発信していてメモ帳のように、使っていますので、「#」はありません。

今後は、更にテーマを増やして、「#」を使用する予定です。
(実は、別アカウント(プライベートアカウント)もあります)

これまでは、大企業のものだったツイッターですが、
中小企業も活用する時期になったと思います。

社会的証明の原理前のページ

経営コンディション次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    情報発信の回数とタイミング

    ブログ、SNSなど情報発信されていると思います。朝昼晩とLI…

  2. マーケティング

    売上アッププログラム_マーケティングコントロール

    売上アップを行う段階で、後手になるのがマーケティングコントロールです…

  3. マーケティング

    広告をヒットさせる条件

    誤解を恐れずに、正直に言います。対象顧客と商品のマッチングが…

  4. マーケティング

    やっている会社の売上が上がらない理由

    頑張っているけど、売上が上がらない・・・。と思っている経営者…

  5. マーケティング

    ブームとトレンド、乗り方と使い方

    Clubhouse、ブームになっていて、賛否両論。いいとか悪…

  6. マーケティング

    Web広告、HP,SNSの【オーディエンス】活用法

    検索エンジン広告でも、SNS広告でも、【オーディエンス設定】は重要で…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    中小企業、小規模事業こそLINEマーケティング戦略
  2. コトラーのマーケティング・コンセプト

    競合他社
  3. アイデアのつくり方

    02.アイデア作成には最も大切なもの。
  4. ビジネス

    アフターコロナ、中小企業の経営戦略
  5. コトラーのマーケティング・コンセプト

    実践・コントロール
PAGE TOP