マーケティング

中小企業の売上アップ戦略

売上アップ・・・私たち中小企業の永遠の課題と言えます。

どのように考えて、どう取り組むか。
これまで書いたことがなかったので、カンタンにまとめてみます。

売上アップを考える際に、どのような方法で・・・。

と、HOWが最初に浮かぶと思います。

しかし、その前に。

  • 何を売るか。
  • 既存商品(サービス)か、新規商品(サービス)か。

新規商品(サービス)は、既存商品のリニューアルやアレンジも含みます。

この時に、時代のトレンドやブーム、成長している市場に便乗することはよくあることです。

例えば、今であれば、アウトドアに何か関係あるところはないか・・・とか。

  • 次には、誰に。

既存顧客を対象にするか、新規顧客を対象にするか。

どちらを選択するかで、方法が全く違ってきます。

  • そして、どこで。

今と同じ場所(ポジション)か、違う場所(ポジション)か。

今や、Webは当たり前ですが、オンライン化することでチャンスが拡がることは、まだまだあります。

又、価格帯を変えることで、市場や商圏、業界のポジションが変わります。

もうお気づきだと思いますが、5W2Hです。

WHENとWHYは、ここでは省略して・・・。

次に、売上アップを考える際に、最も多い方法である「HOW」。

〇〇戦略、〇〇法、〇〇ノウハウ、〇〇テクニック・・・。

HOW TO は、今でもたくさんあります。

最近では、「メディア」もあります。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、YouTube。

メディアとHOW TOの組み合わせは、たくさん広告が出ています。

では、どの方法が自分の事業に適切で、上手くいくか・・・。

先ずは、足元を整理することから、始めていただきたいと思います。

そして、どのような方法が適合する可能性が高いか、判断していただくといいと思います。

各会社、各事業で、持っている経営資源が異なります。

そこで、5W1Hから考えるのが面倒でも、近道です。

ノウハウ系で上手くいくところも、もちろん多いのですが、大事なことは、

一時的に売上を上げるのか
継続的に売上を上げたいのか

ということも関係あります。

そして、業種や業態でも、売上アップ戦略は異なります。

書いてみて、自分でも思うのですが、残念ながら当たり前過ぎです。。。

しかし、この当たり前のことを省いてしまうことで、見失ったり、機会損失したりする中小企業が多いのも事実です。

近いうちに、しっかりとまとめてみたいと思います。

中小企業の経営分析活用法前のページ

キャッチコピー ワンポイントヒント ○○だけ次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    ブームとトレンド、乗り方と使い方

    Clubhouse、ブームになっていて、賛否両論。いいとか悪…

  2. マーケティング

    公式サイトの最重要ページ活用による ブランディング

    ホームページ(公式サイト)、最重要ページはどこだとお考えでしょう?…

  3. マーケティング

    中小企業が使うべきオンラインツール

    大げさなタイトルにしましたが、本当にそう思っています。【オン…

  4. マーケティング

    あなたの会社や商品・サービスが知られる必要性

    あなたのビジネス、商品・サービスは、市場、商圏、対象顧客に知られてい…

  5. マーケティング

    デジタルタッチポイントの重要性

    ホームページ、各SNS、Web広告など、顧客との接点については10年…

  6. マーケティング

    コンバージョンまでの距離感と広告設計

    リスティング広告をやっていて、気をつけることにキーワードとコンバージ…

最近の記事

アーカイブ

  1. ホイラーの法則

    ホイラーの公式 第2条
  2. ビジネス

    ビジネスの突破口を見つける方法
  3. 影響力の武器

    譲歩
  4. 思考の整理学

    03.思考法の方法、条件、型について
  5. マーケティング

    セグメントの重要性について
PAGE TOP