マーケティング

デジタルタッチポイントの重要性

ホームページ、各SNS、Web広告など、顧客との接点については10年前とは比べようがないほど、増えています。

だからこそ、この顧客接点:タッチポイントは見逃せない重要な事項です。

現在、一人当たりのデジタルタッチポイントは、500以上とも言われます。

ピンと来ない方もいるかもしれませんが、あなたが見ているサイト、動画、ニュース、ブログ、SNS・・・これを区分すると大変な数になるのです。
これには、Gメールというようなツールも含まれます。

このようなカオスに近い環境で、Web広告でリーチするには・・・広告費増という傾向です。

これに対策するように、グーグルでは、新しい広告配信機能がスタートしました。

P-MAX(パフォーマンスのP)と言われる配信方法です。

グーグルとグーグルパートナーのあらゆる媒体、ツールに広告を配信可能です。

検索、ディスプレイ、動画も、関係なし。

グーグル任せ・・・と言えばそうですが、実際に配信しているクライアントさんでは既に効果が出ています。

ベータ版ですので、いろいろと管理する部分では、まだまだやりにくさがありますが、それは、改善されるでしょうから、使ったもの勝ちの状況です。

少し話がそれましたが、デジタルタッチポイントの中心は、もちろんスマホです。

HP,SNSは、スマホ中心。
動画を見るのもスマホですし、音楽を聴くのもスマホです。

さて、このデジタルタッチポイントをどう攻めるか。

HP,SNSともに、テーマやコンセプトが重要になります。

ごちゃまぜの情報では、目立たなくなる時代とも言えます。

将来は、SNSアカウントもテーマ別にするという時代になるかもしれません。
(一部の業界では、そのような運用になっています)

情報発信側が、「こんな人に見てほしい」
という明確な意図がなければ、オーディエンスに伝わらなくなります。

そして、今後は今まで以上にWeb広告が重要になります。

Web広告の自動化が進み、広告設定も多様化していきますので、売込みに見えない広告も増えていきます。

こうなると、SNSでどれだけ頑張って投稿配信していても、リーチ出来ないとなります。

これからは、デジタルタッチポイントを制した者が、Webマーケティングを制します。

Web広告が、マストになる時代になり、取り残されたら場外か退場に。

コンテンツも、広告コンテンツのクリエイティブが重要さを増します。

あなたのビジネスのテーマとコンセプトを表現する、デザインやコピー、画像や動画などのクリエイティブ、要チェックです。

中小企業の経営資源活用:ヒト編前のページ

05.アイデアをつくるための第三段階。次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    セグメントの重要性について

    思い切って、言い切ります。セグメントが出来ていれば、ビジネス…

  2. マーケティング

    USP、売れる強みをつくるポイント

    今回は、USPについて書いてみます。いろいろな記事で、意味や…

  3. マーケティング

    コンバージョンまでの距離感と広告設計

    リスティング広告をやっていて、気をつけることにキーワードとコンバージ…

  4. マーケティング

    中小企業のオンライン戦略

    コロナ禍により、中小企業のオンライン化が推奨されました。オン…

  5. マーケティング

    無料で使えるWebマーケティングとツール

    無料で使えるWebマーケティングとツール、今さら何を・・・。…

  6. マーケティング

    広告をヒットさせる条件

    誤解を恐れずに、正直に言います。対象顧客と商品のマッチングが…

最近の記事

アーカイブ

  1. マーケティング

    無料サービスのメニュー化
  2. マーケティング

    コンバージョンまでの距離感と広告設計
  3. Facebook一般

    マーケティング情報メディア/Internet・website
  4. ビジネス

    中小企業のコラボ、アライアンス、協業
  5. コピーライティング

    売り手:〇〇ですよね。
PAGE TOP